レスポンシブウェブザインの表示速度について

highway-216090_640

レスポンシブウェブザインを導入するwebサイトが増えてきました が、必ずしも良い面だけではありません。

制作するにあたって、デメリットもしっかりと把握しておきましょう。

まずレスポンシブウェブザインのデメリットとして挙げられるのが 表示速度です。 たとえばスマートフォンでレスポンシブウェブザインを採用した webサイト(モバイルサイト)へアクセスしようとした時に、 若干表示速度が遅くなる傾向にあります。

この仕組みとして、サイトにアクセスする時にパソコンからアクセス するようにサーバーへアクセスするのですが、 サーバーにアクセスした時にスマートフォンでアクセスしている ことを感知して、それによってモバイル用のサイトを表示するように 切り替えています。

また、スマートフォン上では表示されないようなサイトの デザイン要素、画像なども一旦読み込んでから非表示になっている ので、その分も表示速度に影響を与えています。

レスポンシブウェブザインに注目されるにあたっての見落としです が、実はこういうデメリットもあります。

しかし、それぞれのデバイスでの見やすさや利便性を考えた時に デバイスごとに最適化されたデザインの方が有利に決まっています。 表示速度が遅くはなりますが、ユーザーにとってはそれを超えるほど のメリットがあるので、気落ちはしないでください。

関連記事

ページ上部へ戻る