レスポンシブウェブデザインとは?

brown-209106_640

周囲を見回すとあれだけ多かったガラケーを持っている人が少なくなってきました。

その代わりに持っているのはもちろんandroidやiPhoneなどのスマートフォンです。

タブレット型の端末も普及し出していて、ちょっと周りの人たちの話を聞いただけで所持率の高さを実感できます。

これらの端末はWebサイトを見るのにとても最適な作りになっています。

ですが、当のWebサイト側が最適化されていないことがあるんです。

環境が変われば見え方も変わります。

例えば、解像度が端末毎に違えば大きく見え方がかわるんです。

画面の大きさの問題もありますね。

それらを考えながらパソコンからスマートフォン、タブレットの見え方を最適化しようとするのがレスポンシブウェブデザインという考え方です。

パソコン用に最適化された画面がスマートフォンの小さい画面で見やすいはずがありませんので、それをなんとかしましょうということなんですね。

もちろんタブレットに関しても同様です。

今まで色々な方法でこの手のサイトは制作されてきたのですが、いま主流になっている作り方は、ブラウザ幅に応じて表示を
書き換える方法です。

まだまだ数は多くはありませんが、もうWeb制作の主流となった作り方ですので、これからそういったサイトを目にする機会が増えるのでしょうね。

関連記事

ページ上部へ戻る